生理中でもハイジニーナ脱毛はやってもらえる?

MENU

生理中でもハイジニーナ脱毛はやってもらえる?

 

生理中でもハイジニーナ脱毛ができる医療脱毛クリニック

 

デリケートゾーンを脱毛したくてサロンへ通っていると、たまたま施術当日と生理日が重なってしまったりすることは女性にはよくあることです。

 

もちろん生理中にハイジニーナ脱毛をする人はいませんが、実際高額なキャンセル料を支払ったり、脱毛してもいないのに一回分の施術として処理されたりするサロンも多いため、なんとかこの女性特有の悩みを解決できないか頭を悩ませている女性も少なくありません。

 

ここでは多くの女性が抱えている、生理中のVIO脱毛の問題について詳しくお話しています。

 

そもそも生理中のハイジニーナ脱毛は可能なの?

 

私自身、長年脱毛業界に携わっていますが、生理中にハイジニーナ脱毛を行っているという脱毛サロンは聞いたことがありません。

 

サロンによっては、細かいルールが設けられている場合もあります。
例えば、

 

  • 生理中であってもデリケートゾーンを除く部位であれば施術は可能
  • 生理中はVIOラインを含む全身脱毛は一切NG
  • 生理中はもちろん生理後7日間はハイジニーナ脱毛はNG

 

このように、生理中にデリケートゾーンの脱毛を行っているサロンは皆無であることは覚えておきましょう。
というわけで、生理中のハイジニーナ脱毛は不可能です。

 

生理中でもハイジニーナ脱毛ができるクリニックはこちら⇒

 

なぜ生理中にVIOは脱毛できないの?

 

キャンセル料金や一回分の施術として処理されるリスクがあるため何とかしたい気持ちもわかりますが、脱毛サロンやエステサロンにおいて、このようなルールが設けられているのは、生理期間脱毛に高いリスクを招いてしまう危険性があるからです。つまり、安全性の面から生理中のVIO脱毛をNGとしているわけです。

 

多くの方々が経験されているように、生理が始まるとホルモンバランスの乱れによって、心や体に大きな変化が現れます。

 

肌表面などはそれが顕著に現われ、外部からの刺激に弱くなっています。そのため、脱毛器から照射されたフラッシュやレーザーの影響で、脱毛後に肌荒れや、炎症、色素沈着や水ぶくれなどの症状を引き起こしてしまう危険性があります。

 

また、生理中の脱毛は精神面においても影響すると多くの報告があります。普段では全然気にならないことが自分でも気づかないうちにストレスとなって、脱毛後にはかなり疲労困ぱいでぐったり・・・なんて人も少なくありません。

 

特に、生理中のデリケートゾーンは経血の問題から、衛生面からも脱毛できません、というサロンが多いのは当然のことと言えるでしょう。
というわけで、運悪く脱毛日当日生理と重なってしまった場合には、気持ちを切り替えて、すぐにサロンの店舗にキャンセルの連絡をしましょう。

 

生理中でもVIO脱毛する方法

 

ここまで、脱毛サロンやエステサロンにおいての、生理中のVIO脱毛についてお話をしてきましたが、実は美容外科クリニックや、脱毛専門クリニックにおいては、例外的に生理中のVIO脱毛を許可しているところもあります。

 

もちろん多くの脱毛エステサロンと同様に、ほとんどのクリニックにおいては、生理中のVIOの施術は推奨されていません。ところが一部の脱毛クリニックなどは生理中のVIO脱毛を行っているため、不可抗力からくるキャンセル料の支払いを免れる可能性があります。

 

このように脱毛クリニックなどの医療機関では、予約日に生理が重なったケースでも施術が可能な場合もあるため、諦めてしまわずにクリニックに直接電話で問い合わせてみましょう。

 

生理中の脱毛で注意すべきポイントや必要なものなどを前もって聞いておくことで、不安な点を解消した上で通院できます。
ただ安全性が確立されたクリニックなどの医療機関だから可能なケースの為、一般的には生理中のハイジニーナ脱毛は、ホルモンバランスの関係上100%安全とは言い切れません。

 

このような安全性やリスクを理解した上で、クリニックの担当医師と話し合うことが大切です。

 

ハイジニーナ脱毛と生理不順

 

脱毛当日に生理になった際には、安全性の立場からいえば、即座にサロンの店舗にその旨を伝えるべきです。
ですが、人気の大手脱毛サロンの場合、予約が取りづらい場合もあることでしょう。ケース契約の場合は施術1回分がパーになったり、2〜3千円程度のキャンセル料が取られることもあります。

 

生理周期が正常である人なら問題ありませんが、ホルモンバランスが崩れている生理不順の人の場合、施術予約日が生理と重なってしまうケースは、普通の人よりも多くなってしまうことは避けられません。
運が悪い人だと、2度、3度連続でキャンセルしたという人も中にはいます。

 

高額なコースを契約して、ハイジニーナ脱毛を始めたのに、生理が原因で予定通り施術できず、無駄に回数を消化してしまって脱毛期間が終了してしまった・・・なんて最悪な事態に陥らないためには、一番の原因となっている乱れた生理周期を整える必要があります。

 

生理不順を引き起こす原因のほとんどは、不規則な生活スタイル、疲れやストレスなども大きく影響していると言われていますが、これらを改善しても解消しない場合があります。

 

中には婦人科系の疾患が原因で生理不順となっている場合もあるため、自己判断は禁物です。確実に生理不順を治したい場合は、素人考えであれこれ手を出さずに、まっすぐ病院の婦人科医師に相談しましょう。

 

デリケートゾーンのムダ毛処理のために、婦人科にまで通院するの?とビックリされる方も多いですが、生理不順のほとんどは婦人科に相談することで解決するのも事実です。
乱れた生理周期を整えることによって、脱毛予約日と生理日が重なることはもうなくなります。

 

そして、生理不順を治すメリットは、脱毛面だけに留まりません。友達や彼氏とのお出かけの予定も組みやすくなったり、何より生理不順が治ったことで、これまで重くて辛かった体が軽くなったり、鬱な気分から解放されたりと、心身共に得られるメリットは予想以上に大きかったと実感できるでしょう。

 

生理不順を治すためのメソッド

 

お金を無駄にせず計画通りハイジニーナ脱毛を成功させるには、何よりも先に乱れている生理周期を一定にする必要があります。

 

とはいえ、生理周期を整える方法といっても、実際にはどのようにすればよいのかわかりづらいという人も多いかと思います。
ここでは生理周期を整えるために有効な方法について代表的なものを紹介していきます。

 

ストレスを撃退する

 

現代病と言われるほど生きていく上でストレスは避けられないものとなっています。ストレスが蓄積されると無意識化に体の抵抗力が弱まり、ホルモンバランスの低下にも繋がることがわかっています。

 

このストレス解消にオススメなのが、自分にご褒美をあげることです。
頑張っている自分へのプレゼントとして、友達や彼氏とちょっと高めの夜景の見えるレストランで食事をしたり、スイーツでお腹を満たして幸せな気持ちに浸る、宝塚を見に行く、など自分が普段我慢していることを実践してみると、ストレスは一気に軽減されます。

 

ストレスは我慢することで溜まるため、体に異変を感じる前に、我慢することをやめることが、ホルモンバランスを崩さないことのコツと言えるかもしれません。

 

自分の好きなことは人によって異なるため、これがいい!というものはありません。金銭的、時間的拘束を一旦はずし、自分が幸せに感じることを行動に移す、これって意外と有効な方法なんです。

 

体力を常にキープする

 

学生であればテストが近づいたり、友達との人間関係、社会人だと残業が続いたりすると、知らず知らずのうちに体に疲れが蓄積されていきます。

 

疲れは体力面だけでなく、精神面にも大きく影響してくるため、心身ともに健康であることを日々心がけることが大切です。そのためには、無理をしないことです。

 

心身ともに疲労が溜まると、ホルモンバランスにも影響を及ぼし、それが原因で生理不順を引き起こすことは珍しいことではありません。

 

ちょっとでも辛いな・・・と感じたらすぐに休息を取り、体に疲労を溜めないことが大切です。趣味や遊びなどを取り入れつつ、息抜きをしながら健康的な日々を過ごすことが大事です。

 

生活が不規則に感じている人は、毎日行っていることをルーティン化することも生理不順を整えるには効果があります。入浴時間を一定にしたり、シャワーだけで済ませていた人は湯船に浸かるように変えるだけでも目に見えて効果が現れます。食生活が乱れている人はホルモンバランスの乱れに直結するため、すぐに栄養の偏った食事を改善する必要があります。

 

就寝前にヨガや軽い運動、ツボ押しなどを行うのもオススメです。もちろん一度に全部やろうとするのは無理です。自分に合ったやり方、自分にできそうなことから、少しずつ取り入れてみることで、生活習慣を改善していきましょう。

 

ダイエットは直ちに中止する

 

一食置き換えダイエットや、断食が若い女性の間で流行っていますが、人が健康に生きていく上で必要な栄養が不足すると、ホルモンバランスは一気に乱れ、心身ともに多大なマイナス影響を及ぼします。

 

イライラしたり、肌荒れが起きたり、ニキビができたり、最悪の場合、月経異常や無月経などになってしまうこともあります。

 

現在生理不順の人は、ダイエットは中止し、栄養バランスのとれた健康的な食生活をキープするように切り替えましょう。ビタミンなどのサプリメントを飲んでいるから大丈夫だと思っている人も多いですが、サプリメントだけで、食事から摂れる栄養素を全て取り入れるのは不可能です。

 

また、お肉を食べないと女性ホルモンが減少してしまう原因にもなりますので、女性ホルモン不足が原因で生理不順になっている人は、女性ホルモンを増やす食材である大豆や納豆、豆乳、豆腐なども積極的に食べるよう意識しましょう。

 

夜更かしをやめる

 

女性ホルモンが一番分泌される時間帯である、ゴールデンタイムとも呼ばれるのが午後10〜午前2時。社会人だとさすがに午後10時就寝は厳しいかと思いますので、日付が変わる午前0時までにはベッドに入るようにしましょう。

 

就寝時間を早めることで成長ホルモンやセロトニンが増え、自律神経の乱れが修正され、それによって生理不順も次第に回復していきます。1、2日だけ続けても意味がありません。早寝早起きを習慣化し、朝日と共に目覚めるようにすることで心も体もどんどん健康になっていきます。

 

骨盤底筋を鍛える

 

あまり聞きなれない言葉ですが、骨盤底筋は単語から連想されるように骨盤の下側に位置し、下腹部の臓器全体や子宮を支えるために活躍している、縁の下の力持ち的存在です。

 

妊娠や出産後、また加齢によって、この骨盤底筋はどんどん衰えていき、骨盤の歪みや尿漏れの原因となることがわかっています。骨盤底筋を鍛えることで、女性特有のPMSの症状を抑えたり、生理痛を和らげたり、生理期間を短縮する効果が得られます。

 

生理が長引くと気分が重くなりがちですが、生理期間が短縮されることでハイジニーナ脱毛の施術日を予定に組み込みやすくなるため行動範囲が広がりますよ。

 

女性専用脱毛クリニックだから安心

 

ユニチャーム「ソフィ」の統計調べ(http://www.sofy.jp/library/04-1.html)では、生理周期がバラバラだと回答した女性の割合は29.5%という統計があるように、3割近くもの女性が生理不順で悩んでいます。3人中1人が生理不順というのはかなりの割合ですね。

 

医療脱毛クリニックのほとんどは男子禁制となっており、こういった女性特有の悩みを理解してくれている女性スタッフが相談に乗ってくれるシステムが完成されています。

 

一人だと恥ずかしくて悩みを打ち明けられない・・・という女性も多いですが、向こうは脱毛のプロ。日々、数えきれないほどの生理不順による相談を受けています。施術日を予約し、キャンセルなしで効率よくスムーズに脱毛するためにも、そして自分の体の安全管理のためにも、サロンの無料カウンセリングなどを利用して、不安を解消しておくことが大切です。

 

生理中でもハイジニーナ脱毛ができるクリニックはこちら⇒